×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ◆今月の花 Orchids of this month
 

C.trianae fma.albescens
'Espinal'

トリアネーはコロンビアのフサガスガの山中で1842年にベルギーのJ.J.リンデンが発見し、1860年にH.G.ライヘンバッハによって記載された。種名は、J.M.トリアナ博士に因んでいる。そしてこの花はコロンビアの国花にもなっていることは周知のとおりである。
花色は個体による変化がある。白花、白で唇弁赤花、空色花も知られている。栽培は容易。夏は風通しのよい戸外で栽培するとよい。

The pseudobulbs are club-shaped, to 30 centimeters long, and with a single, leathery apical leaf. The inflorescence has two to five flowers, each with a diameter to 20 centimeters. Sepals and petals are white to dark purple. The lip is often not widely spreading and is usually dark red-purple with an orange-yellow disc. The arrangement of the colors of the lip is highly variable. The species is native to the upper valleys of the Andes of Colombia.


嘉特麗亜蘭属的C.trianaei原生于哥倫比亜的安梯斯山脈,海拔600-1500米的山林中.種名是以發現者Dr.Triana博士的名字而命名的.北半球是在12-3月開花期.是単葉最大型嘉特麗亜蘭中最優雅,多彩受廣大蘭友喜愛的品種.也是哥倫比亜的国花.花色有粉紅色,白色,白花紅芯,淡藍色,同色複色等花色.花香也很銘馨.栽培不難,大致13-35度,通風,50%遮光的環境栽培,夏季最好戸外栽培.很多名交配種嘉特麗亜蘭是本品種做交配親本的.